就労移行支援事業所ティオ|トップページのアイキャッチ画像
一人ひとりに合わせて
『就職』をサポートします
スタッフの画像

就職につよいティオ

HOME  > 就職につよい

最適で最短の一般就労

最適な時期の「一般就労」

障害や病気などの困難を抱える人が不安を抱えたまま無理をして働くよりも、ご本人とその周囲の人、さらに職場環境を整えてから働くことが望ましいと考えます。環境を整える前に心身を休める期間が必要な方もいらっしゃいます。

最短の「一般就労」実現を。

働く前の準備期間が不必要に長くなると、就労という新しい環境を不安に感じることにつながります。だから私たちは、利用者さんの不安要素を一緒に減らした上で、できる限り速やかに一般就労を叶えることを理想としています。

 

ティオ神保町の制作した動画ですが、おおむねティオに共通する内容です。

ティオの就職活動

笑顔で過ごす日々の積み重ね

新しい環境で仕事を始めるために必要なことは「大丈夫!」と思える気持ち。ティオはそのために何よりも「安心」を大切にしています。
安心して過ごせるティオで、少しずつ笑顔の時間が増えるように。その時間を積み重ねることが新しい環境に飛び込む勇気につながると考えています。

ティオで社会参加

ティオは、新しい仕事を見つけるために一緒に考えながら、共に就職をめざす場所です。その活動の中に、興味のあることから参加できるイベントをたくさん準備しています。
一人でコツコツ、大勢でワイワイ、いろんなイベントがありますが、どれも利用者さんの世界、つまりは社会を広げ、社会とつながる活動となっています。

ティオで自己実現

障害や病気を抱える方にとって、一般就労が一つの目標になることがあります。
その大きな目標をかなえる前に、たとえば、最初は週に1回だけティオに顔を出してみるという目標、平日は毎日ティオに通って就職活動を行うという目標、資格を取るという目標、誰かと一緒にティオのイベントを盛り上げてみるという目標。
ティオには数え切れないほど、自己実現のチャンスがあります。

 

ティオ神保町の制作した動画ですが、ティオ全体(森下開所前)の内容です

就職につよいティオの底ヂカラ

ティオの前身は学校等の「教育」
対象は「集団が苦手」「気持ちが不安定」な生徒

私たちは個別指導塾や通信制高校の学習センターを開設・展開し、「集団が苦手」、「気持ちが不安定」などの生徒対応を行ってきました。

そして、「求職者支援訓練」も

高校卒業後の進路希望に関わらず、将来のために就職について一緒に考えたく、『求職者支援訓練』も運営してきました。

就職支援のチカラをもっと多くの人に

そのような活動の中、障害のため就職先が見つからない方々の苦難に触れました。何とか力になることはできないかという強い思いから、平成26年、船堀と西葛西でティオの就労移行支援をスタートしました。その後、利用者増に対応するために平成28年にティオ神保町を、平成29年にティオ森下を開所しました。