就労移行支援事業所  ティオ - article -

HOME >  ブログ >  障害者枠での就職に大事な事

障害者枠での就職に大事な事

2018/08/24

こんにちは、就労移行支援事業所ティオ西葛西の宮本です。

ある公的機関が新しく秋から障害枠部門を立ち上げることになり、ティオ西葛西の利用者さんが選考に残り、職場実習に参加することになりました。

支援員同席で始まったオリエンテーションで、担当の方が次のように仰っていました。

「もしも、業務の中でわからないことや、疑問に思ったら必ず担当の職員に聞いたり、相談してください。恥ずかしいという理由で質問せずに間違った作業をしてしまうと、都民のみなさんに迷惑がかかってしまうのです。スピードよりも、正確さが大事になります。」

参加されている皆さんは、その言葉に「都民の為に働く」という実感を噛みしめられた様子でした。

公的機関に限らず、一般企業においても「作業の正確さ」というスキルと、「安定して通勤できる」というスキルは障害者雇用において最も重要視される能力です。

ティオでは、利用者さんそれぞれの個別プログラムに沿って訓練を進めていますが、共通して重視していることはやはり「正確に作業する」ことと、「安定して通所、または通勤する」ことです。

利用者さんが企業に求められ、自分の希望の企業に就職することができるよう、ティオは支援しています!

就労移行支援事業所ティオのブログ記事の画像